あなたの担当者 Andre Ellen
マイ アカウント
カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

あなたの担当者
Andre Ellen
  • Pro 3
  • 941-225-1866
取り消し
-
+
¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ライフバンテージ レガシー

違いを生み出そう

ライフバンテージでは、目標を達成した後だけでなく、目標にむけて努力しながら活動している中でも社会に還元し貢献するべきであると信じています。我々はこれをライフバンテージレガシーと呼んでいます。当社企業イベントや地域社会への奉仕を通して社会に貢献しています。困窮している子どもたちや家族そして地域社会に奉仕し支援する世界中の団体と提携して、企業社員、ディストリビューター、消費者などの当社のネットワークが、時間と資金またはその他の慈善寄付を提供し、困窮する人々の必要を満たします。

「社会奉仕は自分が成功するまではお預けだ。」と考える人が稀にいますが、社会奉仕とは、成功に向けて進む過程であっても、その時に出来ることを少しでも行い継続することが出来てこそ、世界をより良い場所にしていくことができるのです - マーク ・ シンサト (米国・独立ディストリビューター)

パートナー

レガシーパートナー提携団体

  • 当社の独立ディストリビューターと提携し、ライフバンテージは24.200個の蚊帳を購入することができる金額をアゲインスト・マラリア基金(AMF)に寄付いたしました。AMFの蚊帳配布活動を通し、サハラ以南のアフリカ数カ国に住む45,000人の人々の生活、健康の向上に貢献することができます。

  • ライフバンテージが、「Deworm the World」が行う寄生虫感染症駆除プロジェクトへの寄付により、インドのビハール地区に在住するおよそ3百70万人の子供たちの健康、教育そして生活の改善と向上への援助を行いました。Deworm the Worldによると、世界の貧困に苦しむ地域では6億人以上に及ぶ児童が、習慣的に蔓延している寄生虫による感染症により、健康を害し学校への登校が限られています。貧困救済先駆者として世界的に活躍する非営利団体Deworm the Worldは50以上の政府や財団と共同し、世界中の子供たちの寄生虫感染症駆除のために活動しています。

  • ライフバンテージは、ディストリビューターの方々と共に、ハイチとグアテマラに住む恵まれない児童や孤児への食事供給のため、国際飢餓救済機構「Hunger Relief International」へおよそ20万人食分の寄付を行いました。オクラホマ州オクラホマ市に本部を置く非営利組織の国際飢餓救済機構は、機構が運営する当事国やその地方の農地から収穫される食材を利用し、飢餓に苦しむ子供たちに食物提供を行っています。

  • 世界水の日とのつながりでライフバンテージは、東アフリカに井戸を掘る資金として「Wells of Life」を通して寄付をしました。寄付の金額は約100,000人の人々に綺麗な水を供給することができます。Wells of Lifeは2008年に設立され、井戸を掘ることで東アフリカに住む人々に綺麗な清浄水が利用できる手助けをしています。

  • ライフバンテージではトラフィック・ジャムのために募金活動を行いました。トラフィック・ジャムは2004年に創立され、世界の子どもたちの人身売買と奴隷化反対の認識度を高め、関与を促す運動を行っています。この団体の使命は、労働、売春または兵役などの悲惨な生活を強いられることの多い、未亡人、孤児、見捨てられた人、売られた人、そして弱者の人身売買を「一掃」することです。

  • ライフバンテージはアメリカ赤十字社の日本東北地震と津波救済運動に協力して、2011年の太平洋岸津波被災者を援助する募金運動に参加しました。当社のディストリビューターメンバーよる募金に加えて、ライフバンテージ株式会社ではその募金額と同額を寄付しています。

  • ライフバンテージではユタ州ソルトレークシティにあるプライマリー小児病院で、医療処置を受けている子どもたちに人形を作りました。人形は子どもたちがこれから受ける医学処置を、理解させるために利用されます。例えば、子どもたちは人形に色を塗る、人形に「手術をする」、注射をされる場所を確認することができるなどです。子どもたちは病院から退院する際、これらの人形を家に持ち帰ります。

  • ライフバンテージではウォーリア財団の傷痍軍人プロジェクト(擁護、無償カウンセリング、対応と家族サービス、指導、民間の職場での経歴構築の援助などのような独自の直接的プログラムやサービスを通して、重度に負傷した軍人を賞賛し力を与える非営利財団)に関係する軍のメンバーに基金や手紙そしてその他のケアパッケージを寄付しました。

  • ライフバンテージではナッシュビルを本拠地とするソール 4 ソール(靴メーカーの倉庫や一般家庭の靴箱から靴を収集し、無償で配布する慈善団体)と協力して、民族、宗教、階級、またはその他の条件に関わらず 125 ヶ国以上の困窮する人々に配布しました。ソール 4 ソールでは、今日までに 700 万足以上の新しいそしてあまり使われていない靴を無料で支給し、現在 9 秒ごとに 1 足の割合で寄付しています。

  • ライフバンテージではストリートエンジェル(非常用補給品やその他の必需品、例えば毛布、寝袋、フード付きジャケット、水、保存食、衣類、日焼け止めクリーム、タオル、封筒、切手、テレフォンカード、パーソナルケア・洗面道具などをバックパックに詰めて提供する団体)と協力して、サンディエゴ地区の十代(13 歳から 19 歳)のホームレスに支給しています。

  • ライフバンテージは、癌を克服した人々に力を与えるシスターズホープに協力しています。乳がん克服者により創立され、その姉妹によって運営されているシスターズ ホープは、快適で思いやりのある協力的な環境で、癌の克服者が自分たちの癌体験を省みることができるようにデザインされているホープ リトリート(ホープ静養所)を主催しています。静養所では、最初の診断から治療終了までのストーリー、人生や人間関係の様々な面に対する自身への癌の影響、そして癌体験の肯定的な面をいかに自身の人生に取り入れるかなど、参加者は自分の癌体験を探求します。

  • ライフバンテージではキュアデュシェンヌと長期的提携を結び、援助のために毎年サービスを提供をします。キュアデュシェンヌは、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の診断を受けた一人息子を持つ両親によって 2002 年に創立されました。そのビジョンはデュシェンヌ型筋ジストロフィーを治癒することであり、また10 年以内に DMD 問題が解決されデュシェンヌを患う少年たちの世代が救われ、この団体の「仕事がなくなること」に全力を注いでいます。

  • ライフバンテージではゴールドリボン家族財団(癌を患う子どものいる家族を援助するために設立)の基金を募るため、癌を患う子どもたちとその家族が作った棒つきキャンディーを販売しました。

  • ライフバンテージでは、カリフォルニア州サンディエゴ、同州ウォルナットクリーク、アリゾナ州フェニックス、ユタ州ソルトレークシティ、コロラド州デンバー、フロリダ州フォートローダーデールの各都市にあるフードバングと協力し、困窮している人々のために食料の寄付を募るフード・ドライブに参加しています。

Our Purpose
人間は進化しなければならないのではなく、進化こそ人間そのものなのである

ライフバンテージには絶え間ない好奇心と、製品を支えるサイエンスがある。あなたの成功が未来の私たちを創り上げることを認識し、確信している。

ライフバンテージでより価値ある使命を見い出し
高きに挑もう
買い物を続ける